動画マーケティングの仕事は何を勉強すればいいのか?

みーこ
みーこ
皆さん、動画マーケティングは今流行りの動画にも関係するので需要ありそうですね

動画マーケティングはどんな仕事なのか???

こんにちは、みーこさん。 動画マーケティングってよく聞くけど、どんな仕事なのか知りたくないですか?
たきくん
たきくん
みーこ
みーこ
そうですね。私でも動画マーケティング出来るのかな? 

 

1.動画マーケティングとは?:

 

動画を活用したマーケティング方法で、映像コンテンツでサービス利用や販売商品を認知や興味を持ってもらうために集客・販売戦略・宣伝活動をしていく目的のものとなります。昔ではTVメディアが主流でCMや番組内でサービス・商品紹介がありましたが、今やTVよりもYouTube・Twitter・TikTokなどのネット社会となり、動画マーケティングを活用して動画で宣伝をする時代となってきました。これによりTVCMのコストよりも低い動画作成で大幅に需要が高まってきております。  

2.動画マーケティングの方法は?:

 

ただやみくもに動画を作っていいという訳ではなく、目的(関心を持ってもらう・認知してもらう・購買意欲をかきたてる・検討して貰うなど)をもった動画や年齢増のターゲットを絞った動画にすることで、マーケティングを使った事でより効果的になります。コロナ以降ネット上にてサービス・商品を検索する機会が増えたからこそ、企業サイト・Youtubeチャンネルにてサービス・商品説明が求められるようになってきました。また需要にあった動画配信先を選ぶことも重要で、10代であればTiktok、後はYoutubeやTwitter・動画配信プラットフォームなどとターゲットにピンポイントに合わせる事で効果が得られます。  

 

みーこ
みーこ
目的にあった動画作りが大事なのですね 
動画制作は今はとても大事なスキルだから、覚えておくと役に立つよね!!
たきくん
たきくん

動画マーケティングのメリット・デメリット

 

1.動画マーケティングのメリット:

 

・情報量が多く届けられる

動画は動画から入ってくる情報量が多いので、写真・テキストよりも1分間の動画にはなんとWebの3600ページ分にも値します。動画を活用することで、膨大な情報を短時間で届けるといったメリットがあります。

・様々なメディアに届けられる

1本の動画を作ると目的やターゲット層にもよりますが、動画の部分を流用して様々なメディアに届けられるメリットがあります。Web広告は自社サイトだけではなく、YoutubeやTwitter・動画配信プラットフォームなど様々なメディアの媒体に利用することができます。今までは認知されなかった幅広い年齢層に向けて発信することも可能になっていきます。  

2.動画マーケティングのデメリット:

 

・動画編集のスキルが必要

簡単に動画制作できるものはありますが、動画編集スキルだけでなく企画力スキルも必要になり数多くの動画編集をしたり、他の動画制作物を観て学ぶ必要があります。プロになってくると1人では動画制作は難しく、人材育成だったり予算の見積もりなど作業が多くなっていくので様々な勉強が必要となっていきます。動画編集は人それぞれのセンスが大事になってくるので、センスを磨くことも大事です。


・撮影費用がかかる

簡単に動画編集するソフトやアプリはありますが、一般的にプロが使っているソフトは高額なものになります。初めは無料の動画編集ソフトから始めて経験を積んでから、高額なソフトを買って勉強するのがいいと思われます。本格的になれば編集ソフトだけでなく、撮影機材であるマイク・照明・撮影場所代・出演者のギャラなどと依頼先のクオリティにもよりますが考慮して、撮影準備を進まないといけないのです。

 

動画マーケティングの仕事のイメージがつきましたか?
たきくん
たきくん

みーこ
みーこ
どんな仕事なのか理解出来てきました!!
 

 

まとめ

みーこ
みーこ
動画マーケティングの仕事をするのは、動画編集スキル・企画力スキル・交渉スキルが必要条件なのですね

みーこ
みーこ
これからの時代は動画スキルがあれば、社会に役立つものですね

関連記事

  1. 各種翻訳・通訳の仕事にはどんな種類があるのか?

  2. Webサイト制作は独学でも出来る仕事なのか?

  3. 2023年!新成人が今求められている事とは!?

  4. 新成人にとって大事な事とは?気づくべきポイントまとめ!

  5. SNSマーケティングの仕事の仕組みとは!!

  6. 文字編集・リライトの仕事内容とは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。