動画編集・撮影制作ってどれだけのスキルが必要なのかな

みーこ
みーこ
皆さん、動画編集・撮影制作は、どんな仕事だと思っていますでしょうか?

動画編集・撮影制作はどんな仕事なのか?

こんにちは、みーこさん。 動画編集・撮影制作って、どんな仕事なのか知りたくないですか?
たきくん
たきくん

 

みーこ
みーこ
そうですね。私でも上手く出来るのかな? 


1.動画編集の仕事とは?:


撮影した素材の動画をパソコン・スマホ上にてカット・字幕・編集など加工・編集し、作品として最終的に仕上げる役割を担っている仕事となります。アウトプット先はYoutbe、Instagram、Facebook、Twitter、Tiktokなど広告の動画にも使ったりします。今動画編集を学ぶ人も動画編集を依頼する人も増えているので需要があります

2.撮影制作の仕事とは?:


撮影制作者は映像の撮影と制作を担当して、企画・構成・撮影・編集・音声編集・納品までが仕事となります。撮影制作の仕事は基本各セクションで分かれており、映像制作ではプロデューサー(制作指揮)・ディレクター(映像内容を取り仕切る)・構成作家又は放送作家(映像や番組の構成や流れを書いた台本制作)・制作デスク(事務処理)、撮影技術ではカメラマン・音声・MAミキサー(効果音・ナレーションなど)・撮影編集などの仕事があります。

3.動画編集の仕事内容:


・企画・構成

 
クライアントの意向を聞きながら、具体的なターゲット・公開する媒体・必要な撮影などを聞きます。
 
・カット・編集
 
撮影された映像素材を企画・構成で伝えられた内容で必要な箇所で繋げていき、ユーザーに見やすい形に整えていきます。
 
・ナレーション
 
声の編集・エフェクトの追加など、映像を魅力的に仕上げます。
 
・納品
 
最終的な動画コンテンツをクライアントに提供して、直しがあれば再編集しなおして再納品する 
 

4.撮影制作の仕事内容:

・企画・構成

クライラントから動画編集の要望を聞いて、映像の目的・ターゲット・予算などを考慮して企画を立ていきます。
 
・撮影
 
カメラを使って映像を撮影して、撮影現場にて指示や演出を行っていきます。
 
・編集
 
撮影した映像をパソコンの編集ソフトを使って整えていき、ストーリー性や効果を高めるためにカットやエフェクトを加えていきます。
 
・音声編集
 
撮影編集した動画に効果音やナレーションを追加して、動画を完成させます。
 
・納品
 
動画完成したコンテンツ作品を納品して、直しがあれば再編集しなおして再納品する。
 
みーこ
みーこ
色んな仕事があるのですね 
幅広いジャンルで活躍できる仕事だね!!
たきくん
たきくん

動画編集・撮影制作の求められるスキル

・コミュニケーションスキル

 
クライラントにいかに動画編集の要望を聞く事(映像の目的・ターゲット・予算など)が大事で、上手く要望が聞けていないと仕事が上手く回らなくなってしまいます。
 
・ビジネススキル
 
映像制作の仕事を独立して行う場合には、営業スキル・マーケティングスキルも必要となりクライアントとの交渉・案件の獲得に役立ちます。
 
・映像編集スキル
 
映像編集をするのにはコンピューターのスキルと編集ソフトウェアの知識が必要になり、編集作業は映像のリズムやストーリーテリングに影響を与えます。映像のカット・テロップ挿入BGMやSE挿入・色調補正・エフェクト挿入などの技術を習得することが重要となります。
 
・企画力と演出スキル
 
映像制作全体を考える能力が求められて、クライアントのニーズを理解して映像の企画・ストーリーを構築できる能力が重要となります。
 
 
営業コンサル・代行の仕事のイメージがつきましたか?
たきくん
たきくん
 
みーこ
みーこ
どんな仕事なのか理解出来てきました!!
 

まとめ

みーこ
みーこ
動画編集・撮影制作の仕事をするのは、映像編集スキル・コミュニケーションスキルが必要条件なのですね!!
みーこ
みーこ
映像編集スキル・コミュニケーションスキルがあれば、これからの社会に役立つものですね!!

関連記事

  1. コピーライティングとは? どんな仕事なのか徹底解説

  2. 各種代行・コンサルってどんな仕事をするの?

  3. <経営者限定>1日でアップできる講座があります!!

  4. TOPインフルエンサーになるにはどうすればいいのか?

  5. デザイン・チラシ作成って、独学で出来る仕事なのか?

  6. 2023年!新成人が今求められている事とは!?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。