取材・インタビューの仕事は、どんな仕事だと思っていますか?

みーこ
みーこ
皆さん、取材・インタビューは、どんな仕事だと思っていますでしょうか?

取材・インタビューはどんな仕事なのか?

こんにちは、みーこさん。
取材・インタビューってよく聞くけど、本当にどんな仕事なのか知りたくないですか?
たきくん
たきくん

みーこ
みーこ
そうですね。私でも出来るのかな? 


 


1.取材の仕事とは?:

 

取材の仕事はジャーナリストとも取材ライターとも呼ばれており、取材だけの部分で言えばニュース・ある物事に対して記事にするための多くの聞き取り・撮影をするものになります。取材して録音・撮影したものを、自分の考えに落とし込んでユーザーに伝えていきます



2.インタビューの仕事とは?:

 

あるテーマに基づいた企画が決まると、関連の人にアポイントメントを取って聞き取りする仕事となります。その物事について聞くこともあれば、人物に焦点を当てて生い立ちや経験を聞く場合もあります。取材ライターとも呼ばれる場合があり、その場合には聞き取りして記事にするまでのことを指します。

3.取材・インタビューの進め方

 

・取材先の情報を収集

取材・インタビューをするための準備としてネット上やSNS上で取材先を探す。聞き出す関連事項をネットにて情報を収集して、聞く質問をあらかじめ用意をしていき、適切な質問をするための下調べを作ります。この下調べをおろそかにしていると、いざ取材・インタビューの際に上手く情報を聞き出せなかったりします。特定の人が決まっている場合と取材先を探す場合がある。

・取材企画書を作成

取材の目的・掲載媒体・場所・時間などを明確にした企画書を作成して、謝礼なども含めて調整します。取材の内容を整理した取材シートを作成して、準備をしておきます。

・取材交渉(特定の相手がいない場合)

テーマに基づいた対象相手に連絡をして、取材目的・内容を話して相手が忙しくない時間帯を聞き出してアポイントを取る。写真・ボイスレコーダーを撮影・録音する場合にはアポイント取る際に。了承を得ておくことが大事である。

・取材当日

取材シートに基づいて取材・インタビューをしていき、反応を見ながら得たい情報を聞き出すだけ聞き出して話を膨らませていく。取材・インタビューできる時間を確認しながら、情報を得ていく。



みーこ
みーこ
色んなスキルが必要なんですね 


それは社会人に取ってはとても大事なスキルだから、覚えておくと役に立つよね!!
たきくん
たきくん

取材・インタビューに必要なスキル


取材・インタビューに向いている性格やスキルを紹介します。情報を深くまで探求していき、人々に伝える役割を果たします。


・探求心がある

日々何かを勉強するのが好きな人に向いています。物事に対する旺盛な興味と関心を持って、それらを深く掘り下げていく探究心が求められます。何か疑問・不安が生じたら徹底的に追求する姿勢も大切となります。

・情熱がある

自分ひとりの力で、社会に対してさまざまな提言・アドバイス・批判を向ける必要があります。厳しい仕事であるだけに、強い意志と仕事に対する情熱が求められます。

・企画力

企画力だけでなく洞察力・自己管理能力も必要となります。企画力・豊富なアイディアがなければやっていけない職業です。洞察力は長い経験の中で培われ、さまざまな場所に積極的に足を運んで、多くの人に会って話を聞くことが大切です。自己管理能力も不規則な生活に対応するために重要となります

・コミュニケーション力

人と会話をするので、的確にスムーズに話をしなければいけないので話をするのが好きな人が向いています。いかに深く内容を聞き出せるかが重要となるので、上手く聞き出す力が必要となります。

材・インタビューに必要なスキルは、自主性や行動力が求められるので、自分で考えて何かを企画・実行することが大切となります

取材・インタビューの仕事のイメージがつきましたか?
たきくん
たきくん

 

みーこ
みーこ
どんな仕事なのか理解出来てきました!!

 

まとめ

みーこ
みーこ
取材・インタビューをするのは、探求心・企画力・コミュニケーションスキルが必要条件なのですね!!

みーこ
みーこ
探求心・企画力・コミュニケーションスキルがあれば、これからの社会に役立つものですね!!

関連記事

  1. ChatGPTの使い方を大公開!!AIで仕事する時代が目の前に!

  2. TOPスーパー営業マンの特徴って何だろうか?

  3. 写真の編集・加工って、とても簡単そうに思いますが実際はどうなのでしょうか?

  4. 新成人にとって大事な事とは?気づくべきポイントまとめ!

  5. SNSマーケティングの仕事の仕組みとは!!

  6. メニュー・POP作成って楽しそうなイメージですが、実際にはどうなのでしょうか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。